2021年1月14日木曜日

どんど祭

 

テレビの特集でラリックのガラス展をやっていて、それで思い出した香水瓶。

スタッフからいただいた物。


美しい…

現在中に入っているのはラム酒。

(本物の香水は高価過ぎて無理なので。)




当時のスタッフ達は、私の性格を知っていたので選ぶものは当たりばかり。

マイルールが厳しく、人からは物を戴きたくない自分にとっては貴重でした。

30年以上たった今でも大事にしています。

そこで、今までいただいて嬉しかった物を思い出してみたら

この香水瓶、万年筆、定番のマイ香水、個性あるブローチ、銀のフォトフレーム位かしら。

(花も嬉しいのだけど、飼い猫が花を食べるので残念になりました⤵)

生活空間に意に沿わないものがあるのは嫌!なので嬉しく邪魔にならない物ばかりです。

(だから夫もいらない😈)

めんどくさい話です。


今日はどんと祭。

一年分のお守りと正月飾り、プラス今回は実家の表札も(実家に父がつけていた表札)。

ついでに思い出の品なんかも入れて、お焚き上げにします。

(断捨離好きでもただゴミ箱行きには抵抗があり、結構感傷深い自分にがっくり。)


蜜を考慮した神社で、お焚き上げとお参り。例年よりまばらな感じです。

消防士さんも二人だけ。

笑えるのは、街中の神社なので隣はビルで、壁面がそそり立っているのですが

その壁に、いつからか山の参道の写真フィルムがでかでかと貼ってあるの!

シュールだなぁ 😎


日もだんだん長くなってきました。この先に希望が見えるといいですね。

おこもりも飽きています。





2021年1月3日日曜日

新年の飾り


明けてしまいました。

インテリアもお正月仕様。

インターホンには松飾。
フェイクの松を和紙でくるんで。
水引代わりに、水引スタンプを。
一応新しいお飾りを加えて。
(どんど祭でのお焚き上げ用)

正月らしく、母の形見の花器に花を活けた玄関。

門前の小僧です。

少しはらしいかな?

こちらもフェイクなので、毎年登場、時々生のユリを追加。

香りもいいし、何より豪華。

他にはいつものガラスのお供えも飾っています。

このお供え、年代物 💪

松島のガラス美術館で買い求めたのだけど、素敵過ぎ。

下には制作した例の羽子板を折敷代わりに…

背景は岩田硝子の花瓶。梅柄なので縁起物?

物は使ってなんぼね。



このブログも、仕事のブログから引っ越して一年。

前とは違ってプライベートなことが多いので関係者外には微妙ね。

見てもらいたいというよりは、自分の日記替わりなのでボケ防止の感あり 😅


文章を綴ることで言葉を思い出すし、頭の体操かしら?

昨年はコロナでおこもりが多くなり、日常が大変化。

今年はどうなるのでしょう?

先が見えている自分達なので、恐れるあまりに引きこもった生活だけでは

人生つまらない気もするし…  溜息ばかりです。


いつもなら友人たちとの正月宴会も今年は自粛。考えてみたら初めての一人正月

だった、のだけど元旦に友人から、おせちの差し入れ♪


持つべきは友人ね 💘

お雑煮付き(餅嫌いの私の為に餅無しで…)





結局、2日の夜は宴会となりました。いつもより少ない5人で…

こうしていつもの新年、迎える事が出来ました 😉

皆様にとってもご多幸な年になりますように。


2020年12月31日木曜日

年末に

 年末のさなか、ギリギリで美術館へ。


奈良の中宮寺の国宝展。
目玉は半跏思惟像。
人だかりするのも納得。
存在感が凄い。



御姿の美しい仏像だけど、飛鳥時代の仏像が今ここにあるというのも奇跡。


ところで仏像展でいつも思う事、仏像の皆様の殆どが偏平足。

いまだ不思議。

そしてお顔は鼻筋通って鼻が高い。日本人って鼻が高い?

高貴な方々だからかしら? 庶民は丸くて平べったい顔のようなんだけど…

北方系と南方系の違いなのかなぁ?

どう見ても南方系の自分としては、少し残念。


ついでに中宮寺のホームページを見てみると、飼い猫3匹のページがある!

さすが尼寺 💗

猫好きとしては嬉しいし、ホームページに載せる心意気が好き♪

そしてこのお寺の宗派は聖徳宗。聖徳太子が開祖で総本山は法隆寺。

なんて、好奇心が続きます。


今年は放送大学で日本文化を学んでいるせいか、展覧会やテレビを見て歴史や文化が

繋がったり、発見があったりと面白い。

年齢からくる記憶の低下のもと、思い出すのは大変だけど、それでも知識が増えるのは

楽しいの。おこもりの日々は雑学の日々、まぁ、役に立つかは疑問でも… 😅


最近相次ぐ地震も不安だけど、来年は穏やか年になるといいなぁ。

皆様にご多幸を 👋






2020年12月27日日曜日

墨彩画

 久しぶりに参加した墨彩画の教室。

東京で、なので今年はずっと欠席でしたが、今回は今年最後なのでzoomで参加。

羽子板に描く、というのもいいし…  昨年は扇子でした。(これは面白かった♪)

2時間かけて仕上がった作品は、皆さんお上手 😍 

自分とは雲泥の差…

いつだったか友人が、こういう教室に参加すると主婦の方の方が上手いから挫折感を味わう、

と言っていたけどその通り。

長く仕事をしていると、一応その分野では認められているので、その自分が😆、という事に

耐えられない自分を発見してしまいます。

まぁ、思い上がりね。

私は飾るのではなく折敷替わりにしたいし、いかにも、の絵柄が嫌い,

なのでモダンを目指しましたが、まだ未完成…





久しぶりに筆を執ったので手は動かないし、デザインも不安定。

どうしたものか、悩んでいるけどそれも楽しい時間です。



2020年12月14日月曜日

この季節に思う事

 


今の季節、外のシャープな空気が好き。

少し冷たいとんがった緊張感。本格的寒さが来る一瞬の季節です。

散歩には最適。


そして、ニットが気持ちよく感じられるのもこの頃から。

ニットの身体にまとわりつく柔らかい着心地が好き。だから敢えて、ワンサイズ大きめ。

包まれていると暖かさと安心感に癒される… ライナスの毛布状態かな。

(ご存じスヌーピーのライナス、古いかしら?)


考えなければいけないのは、コーディネート。

ニットとスカート、ニットとパンツの組み合わせは楽だけど、一歩間違うと危険。

どこかに華やかさを加えないと、ただの疲れた地味おばさんになる。

(おばさんが悪いという事ではなく、私はおばさんよりマダムになりたいだけ)

防ぐ為にはスカーフやネックレス等アクセサリーを付け加えないと…

マイ定番はブローチ。(デザインは個性的なやつ)

インパクト大で、ニットの長さや幅の調節も出来るし、ネックレスみたいに肩がこる事もない。

大ぶりのアクセサリーはこの年代になって必要とされるのですね。


おしゃれは若い時を過ぎてから、というのがよくわかるこの頃。

友人の中にも白髪が増え、流行りのグレーヘアを目指す人も出始めてますが、きちんとした

化粧、ポイントに色実のある口紅を加えないとただの山姥になる。

(そう言ったら嫌な顔をされたけど… 😁 )


見ていると、自分を客観視出来る人の素敵度は高い気がする。

不思議なのはインテリアを仕事にしているのに、ファッションセンスがない人。

敢えておばさんぽくして、施主に優越感と親近感を与える作戦かしら?

ここまでくると凄いけど 💀


まぁ人の事はどうでもいい。

自分的にはまぁまぁと自負しているけど、その為には散財した過去が…

ファッション雑誌は複数を定期的に購入、

街を歩けば周りを観察し、必ずファッションチェック。

購入して分析した品々も数知れず、タンスの肥やしが随分増えた。

この分貯金していたら、老後は安泰だったろうに…


でもそこまでして思ったのは、やはり定番が一番。

流行も大事だけれど程々で、定番プラスのマイスタイルを持つという事。

これはファッション、インテリア、生き方すべてに通じるような気がする。



なんて言いつつ、購入した非定番のフェイスシールド ♪ 効果は定かでないけれど。


猫耳可愛い 💖

眼鏡で有名な鯖江製。(当初は入手困難だった)

こんな時だから、笑いが必要です。 👌

とはいえ今日の業者さんとのランチで、これを見せたけど

恥ずかしそうだったので、止めた。残念。

友人との飲食用ね。(笑)










2020年12月8日火曜日

プロの補修

 

長年愛用のダイニングテーブル。

あるメーカーの物です。

天板は耳付きの一枚もの(耳とは木の自然な切り口がそのままになっている)

足はリブ付きの丸脚で黒。着色は特注です。

当時アルフレックスの黒革の椅子を使っていたので合わせました。

もう20年近くになるので、その天板は所々に傷や剥げありみすぼらしい。

それらを味と思うか、汚れと思うか…

かなり迷った末、再塗装に出しました。きっかけはそのメーカーの仙台ショップが撤退するから。

二週間ほどダイニングテーブル無しの生活は結構辛い期間。食事も書き物もそこでしていたし… 

何よりガランと空いた空間は落ち着きません。

やっと届いたテーブルの天板は綺麗になっていました。自分でやった椅子のDIY補修とは大違い。


やはりプロは違います。(もちろんお金はかかるけど)

くたびれた自分もこうなるといいのにね。

ただ残念な事に脚はそのまま。

天板だけの条件だったらしいのだけど、聞いていない 👿

まぁ、死んだ猫の痕跡が残る脚だったのでそのままでもいいかな…




最初の食事は、最近はまっている干物でのご飯。久しぶりのテーブルは嬉しい♪

何故干物か?

最近魚の栄養が足りてないと、意図的に増やしていますが、煮魚嫌いの自分は刺身か焼き魚位。

切り身は一枚だけ買うのもなんだからと、複数枚買うと余ってしまうし…

開きは食べにくいから嫌(単に食べ方が下手↷)

それで、切り身を買って干物にすることにしました。

市売品に比べ塩分も調整できるし、ゆずや胡椒など色々味に変化を付けられるのがお勧め。

ついでに干芋も作ってみました 💪  これはお勧め、簡単で美味しい。

コロナでお出かけが減ったので出来る事ね。手間ひまが楽しいの♪

少し位いいこと見つけないと、やってられないこの頃です。





2020年11月30日月曜日

DIY


マッサージチェア、2台目ですが猫の椅子となっています 😅


機能は価格の割にいいのですが、両脇のアームの色がインテリアにそぐわない… しかもチープ感ありあり。
で、色の変更に挑戦。









材質はプラなので、普通に塗っては剥がれます。 
調べると、サンドペーパーをかけて下地処理をすれば大丈夫そう♪
それでもなんか面倒。

で、木の補修用のペンを使ってみたらどうかしら?
で、やりました 💪 大丈夫そう! 触ってもはがれません。


玉杢の木目のように仕上げました。
鏡面塗装調です。
他の家具の色も濃い色なので、違和感なし。
自分でいうのもなんですが、高級そう。






100均で購入した木の修正ペン、こんなに役立つとは思いませんでした。
塗り続けること1時間で終了です。👐

2020年11月23日月曜日

秋保ライトアップ

 

今年もライトアップの季節。

友人が手掛けている秋保のライトアップも毎年バリエーションが増え、見ごたえがあるので

今年も行きました。(コロナで仕方なく一人です💧)

結構人は来ていて、あちこちでで綺麗!の歓声が上がります。

紅葉も見事で、池は鏡池になっているから紅葉が倍。暖かい夜で散策には最適💓







途中大きなキノコがあり、中からは東京音頭。これは際物ね、とは思ったけど、

離れた場所で、かすかに聞こえる東京音頭は何故か風情あり(笑)







見どころ満載の秋保天守閣公園でした。

でも、このライトアップ、どうして自分のインテリにも生かさないのかしら?

室内を天井一灯で明るくするより、部屋のあちこちにライトをともした方が室内に陰影も出て素敵になるのに…

一説には、戦中光に飢えていた日本人は戦後の煌々とした蛍光灯の明るい光に、幸せと贅沢を感じた、というのがあるけれどどうなんでしょう?

もうそろそろ、光と影を楽しむインテリアに移行してほしいわ♪


2020年11月18日水曜日

現場確認

 

久しぶりの現場。マイヘルメット持参です。

本当は赤が欲しかったのですが、手に入れた当時は白しかなくて…

事務所名のロゴだけは入っています。









職人さんたちが働きまわる現場は楽しい、それぞれがプロの仕事をしています。

(まぁ、中には?もいますけど)


今回は新築マンションで設計変更をしたので、その確認。

行く、と言っただけで会社側のコーディネーターは難色を示したのでそこを何とか。

ミスは誰でもしがちなので、事前に防げることは全部しておきたい自分としては当然なのですが…

結局他のお客様には口外しない事を条件に、現場には入れました。

で、ミス発見、言わんこっちゃない 😈

ところで、車で行って駐車場がなかなか見つからなかったのは、この近辺に工事現場が沢山あるからみたいです。 新築マンションやビル、改修の建物も多い。 

建築の世界はコロナの影響少ないの? 知り合いの家具メーカーさんもオンラインをはじめ、売り上げ上がったとか…

仕事仲間に聞いても、仕事量が変わらない方が殆ど。

長く家にいることで、インテリアの見直しが増えているらしい…


帰り掛け、収納用品が欲しくて100金に行ったのですが混んでいる 😖

こちらもおうちステイでの影響かしら?

でも最近の100金はクオリティ高いなぁ。日用品や収納品、事務用品まで揃ってしまいます。

私が良く使うのは日曜大工の品々。それにペット用品。ペットの衣類が100円なんですもの♪



顔の瘡蓋が酷かったので。保護の防止で被せました。

被り物に諦めた表情のアコ 😅

サイズが小さいので、はさみで補正。

100円だから出来ることです。 💪





今日は友人との会食の予定でした。

でも札幌からの来仙なので、この警戒状況でキャンセルとなってしまいました。本当に残念。

他にも、施主の所有マンションに感染者が発生し、消毒に大わらわ。

なんか身近に迫るようで、嫌な感じ。

正月も人生初の一人過ごしになりそう…

夢なら覚めて欲しい現実続きです。













2020年11月10日火曜日

銀杏



 大学への通い道は片平キャンパスの北側にあり、銀杏並木が続く道。

なのでこの季節には銀杏が沢山落ちている 😍


頑張って拾ったら、袋一杯かも 💓

買うと高いし、銀杏好きとしては頑張りたい 💪






この近辺に住んで30年以上、当初はこの銀杏拾いの人が結構いたような。

影響されて自分も参加したけど、始末がねぇ…

皮を取るには土に埋め腐らせて、と教えられたけどマンションのベランダではいかんせん…

結局一回で諦めました。

だから今はもったいないと、指をくわえて眺めているだけ。

私だけではなく、ここ最近は拾う人を見たことがない。

世代が変わって銀杏は食べないのかなぁ?


頼まれているマンションの仕事、いよいよ動き出しました。

なまけ癖の付いた体には結構しんどい 😓

銀杏、頑張って拾って精力付けようかしらん♪



2020年11月4日水曜日

取り敢えず作る

 


思い出にゲットした実家の柿。







今年は実の付きが悪く、引き渡し日までに収穫できるのかしらと気をもんでいましたが

やはり無理で、間に合ったのは2個だけ。

その皮をむいて作った干し柿。中は柔らかく、甘みもたっぷり 😀











私の中では恒例の行事。
実家売却で唯一残念なことは、この柿が手元を離れることでした。😇

手作りといえば、母の残した物の中に梅酒がありました。
なんと昭和52年の製造なのです。
3本あったので、友人にもお裾分けしていただきましたが、それが絶品。


お裾分けした友人からは、もったいなさ過ぎてちびちび飲んでいるとか 😄
ブランデーベースだしねぇ…
炭酸で割ってもコクとアルコール度は高いので、寝酒にぴったりです。

それにしてもノンアル派だった母、何のために作っていたのかしら?
父は梅酒よりウィスキーだったのに。

きっと作ることに満足していたのでしょうね。
確実に娘に遺伝している資質です♪