2020年2月5日水曜日

モノが溢れる家

いつも感じるのは、服装を見れば家がわかる。 🙇

素敵じゃないファッションの人の家は、やはり素敵じゃない。
(もちろん好みの問題なので悪いわけではありませんが、自分としては仕事柄許せないの。)

ただ、逆はあります。ファッションが素敵でも家は汚い。
特にアイテム過剰なファッションの人に多いパターン。
こういう方の家はモノが溢れている。(中には溢れていないと安心できない人もいるけど)
まぁ、家族がいればなかなか難しいとは思うのですが…

モノが溢れる原因の一つに、頂き物があります。
食べたり、使ってなくなる物はともかく、いらないものを戴くのは辛い…
まぁ、大体その人を良く観察すれば必要な物かどうかわかると思うのだけど、殆どが不要な物をくださるの。なぜ?

自分の生活に合わなかったり、キャラじゃない物を戴いた場合は、速攻他人にプレゼントの私。
もちろん気持ちはいただきます。

そんなことを知っている友人は、何が欲しいか聞いてきたり、定番の香水や化粧グッズ。
もしくは諭吉さんですね。よーく見てます😋 感謝
花を戴くのもとても嬉しいのだけど、うちには困ったチャンがいて花を食す 👿
おかげで花が溢れる部屋は夢のまた夢。

おまけの品も嫌い。
タオルやティッシュ程度ならいいけど、変なマグカップやコップだった時には💢 速攻辞退させていただいています。年末のカレンダーも然りです。中身がわからない時には聞いて確認してから戴く、これ鉄則。
傍から見たら言いたいことを言う嫌な人だろうなぁ…
でもこのくらいの意志がないと、モノが溢れた部屋になるのは必須。

最近の不用品はワールドギフトに寄付しています。お金を払って寄付する仕組み。
まぁ、世界で役立つなら嬉しいわ。


ところで、最果タヒさんの詩集を読みました。
久しぶりに嫉妬しました。才能がとても羨ましい。
言いたくても言えなくて心の中でくすぶっていた言葉が、ストレートに出ていて爽快。
言いたいことを言っているような自分でも、案外抑えていたのですね… 😝